PC-UNIXに関する記事など

sambaで利用するポート

基本的に Sambaサーバ~Windowsクライアントとの間でファイルのやり取りを行うためには以下のport間での通信を許可する必要があります。

通信目的 Samba 側の待受けポート 接続元のポート
名前登録など 137/udp 137/udp
ブラウジングなど 138/udp 138/udp
ファイル / 印刷サービスなど 139/tcp Hi/tcp
ファイル / 印刷サービスなど
(Direct Hosting of SMB)
445/tcp Hi/tcp

137/udp と 138/udp は UDP のため、基本的に双方向に通過可能にする必要がありますが、それではセキュリティが低下してしまいます。実は、この 2つが存在しない場合でも、139/tcp(もしくは 445/tcp)が通過できればファイル / 印刷サービスは提供できます。

ただし、139/tcp のみを通過可能にした場合は、ブラウジング機能が動作しないため、Samba マシンのアイコンは「ネットワークコンピュータ」上に表示されません。これは仕様になります。

また Samba マシンの名前解決についても WINS や LMHOSTS に静的に登録するか、

\\192.168.0.1\share

のような記述方法で Samba サーバを IP アドレスで指定する必要があります。

この他 SWAT を利用する場合は、Web ブラウザを実行するマシンの Dynamic Ports とか Private Ports から Samba サーバの 901/tcp (デフォルト値の場合)への通信も許可する必要があります。


このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ  »  samba  »  sambaで利用するポート

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.omakase.org/mt/mt-tb.cgi/5

コメントする

カテゴリsambaの記事一覧