PC-UNIXに関する記事など

windows 共有に関するTips

WinXPネットワーク共有フォルダの自動検索を停止する

WindowsXPをワークグループモードでネットワークに接続している場合、XPが自動的にネットワーク上の共有フォルダを探し出し、すべて「マイネットワーク」に登録します。このため、参加しているネットワークに多数の共有フォルダが公開されていると、「マイネットワーク」が共有フォルダでいっぱいになってしまうことがあります。その場合は、次の手順を実行して共有フォルダの自動検索を停止することで、使わない共有フォルダで「マイネットワーク」が埋め尽くされるのを防ぐことができます

共有フォルダの自動検索を停止する

  • 1.標準設定では、ローカルネットワーク上にあるすべての共有フォルダが登録されてしまいます
  • 2.[スタート]メニューの[コントロールパネル]から「フォルダオプション」を起動します
  • 3.[表示]タブの「ネットワークのフォルダとプリンタを自動的に検索する」のチェックを解除して[OK]をクリックします

これで、自動検索が行われなくなります。すでに登録されている共有フォルダのうち、不要なものは手動で削除してください

最近使った共有の登録を停止する

ドメインに参加している場合は、ファイルとフォルダの自動検索はオフになります。しかし、「マイネットワーク」からコンピュータを探し、共有フォルダに接続すると、自動的に共有フォルダが「マイネットワーク」に登録されます。次の手順を実行することで、接続した共有フォルダを「マイネットワーク」に自動登録しないように設定できます。

Professionalですべてのユーザーに設定する場合

管理者でログオンし、[スタート]メニューの[ファイル名を指定して実行(R)...]からgpedit.mscを起動します [ユーザーの構成]-[管理用テンプレート]-[デスクトップ]を開きます右側の「[マイネットワーク]に最近使ったファイルの共有を追加しない」をWクリックし、[有効(E)]を選択して[OK]します

ProfessionalおよびHomeEditionでユーザーごとに設定する場合

[スタート]メニューの[ファイル名を指定して実行(R)...]からregeditを起動します HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorerを開きますメニューから[編集(E)]-[新規(N)]-[DWORD値(D)]をクリックし、NoRecentDocsNetHoot値を作成します NoRecentDocsNetHootをWクリックし、データに「1」を入力して[OK]をクリックします

ネットワークコンピュータに登録されないようにするには

Windows9x/NT4 の「ネットワークコンピュータ」や、Windows 2000/Me/XP の「マイネットワーク」に自分のコンピュータを表示させたくない場合、次の手順で構成を変更して下さい。

[スタート]-[ファイル名を指定して実行] から cmd を起動します。

次のコマンドを実行します。

C:\>net config server /hidden:YES

レジストリを変更する場合は、以下のように設定します。

[スタート]-[ファイル名を指定して実行] から regedit を起動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE \SYSTEM \CurrentControlSet \Services \LanmanServer \Parameters を開きます。

[編集]-[新規]-[DWORD 値] をクリックし、「New Value #1」を Hidden に設定します。 Hidden をダブルクリックし、値を 1 に設定します。 Windows を再起動します。

設定後、コンピュータの一覧から最大1時間後に削除されます。

ネットワークドライブが勝手に切断されるのを防ぐ

Windows NT/2000/XP の共有をネットワークドライブとして接続しているとき、エクスプローラで表示するとネットワークドライブアイコンの下に、切断状態を示す×マークがついていることがあります。これは、Windows NT の共有サービス (Server サービス) が、標準で最後にアクセスされてから 15 分で自動切断する設定になっているためです。ネットワークドライブを再度クリックすれば自動接続されるため、運用上気にする必要はありません。どうしても気になる場合は自動切断を禁止したり、自動切断までの時間を長くするなどの設定を行ってもよいでしょう。自動切断の設定を変更するには、サーバー側で次の設定を行ってください。

[スタート]-[プログラム]-[アクセサリ] から「コマンドプロンプト」を起動します。

次のコマンドを実行します。

C:\>net config server /autodisconnect:-1

コマンドの詳細は、net help config server コマンドを実行して表示されるヘルプを参照してください。

TCP/IP 設定情報の保管/復元

Windows 2000/XP 、現在のネットワーク構成を保管/復元する
保管 netsh <コンテキスト> dump > <保管ファイル名> 
復元 netsh exec <保管ファイル名>

例)

C:\>netsh interface ip dump > lancfg.txt
C:\>netsh exec lancfg.txt 

RAS 構成情報の保管/復元

C:\>netsh ras dump > rascfg.txt
C:\>netsh exec rascfg.txt 

DHCP サーバー構成情報の保管/復元

C:\>netsh dhcp dump > dhcpcfg.txt
C:\>netsh exec dhcpcfg.txt 

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ  »  windows  »  windows 共有に関するTips

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.omakase.org/mt/mt-tb.cgi/9

コメントする

カテゴリwindowsの記事一覧