PC-UNIXに関する記事など

Windowsフォルダをリモート越しにバックアップ

Windowsの共有フォルダをFreeBSDマシンに「リモート越しにバックアップ」する方法について調べてみました。
Windows共有と言えばsambaですよね。sambaをインストールするともれなく付いてくるsmbtarを利用することで望みのことが可能である事が分かりました。
良く調べてみるとこのsmbtarはsmbclientのラッパープログラムなんですね。

利用可能なオプション等

$ smbtar
Usage: smbtar [] []
Function: backup/restore a Windows PC directories to a local tape file
Options:         (Description)                 (Default)
  -r             Restore from tape file to PC  Save from PC to tapefile
  -i             Incremental mode              Full backup mode
  -a             Reset archive bit mode        Don't reset archive bit
  -v             Verbose mode: echo command    Don't echo anything
  -s     Specify PC Server
  -p   Specify PC Password
  -x      Specify PC Share              backup
  -X             Exclude mode                  Include
  -N      File for date comparison
  -b  Specify tape's blocksize
  -d        Specify a directory in share  \
  -l        Specify a Samba Log Level     2
  -u       Specify User Name             tooru
  -t       Specify Tape device           tar.out

Please enter a command line parameter!

smbtar使用方法

以下の条件のWindowsマシンにある共有フォルダをまとめてFreeBSD上の適当なディレクトリにtar形式で書き込みます。

  • ホスト名 myhost
  • ユーザ名 myuser
  • パスワード (なし)
  • 共有名 share1
  • フォルダ名 src_folder

実行コマンド形式

バックアップ例

$ smbtar -v -s myhost -x share1 -d src_holder -t /path/to/share1_src_holder.tar

リストアー例

$ smbtar -r -v -s myhost -x share1 -d restore -t /path/to/share1_src_holder.tar

書き戻す時は上記の形式で実行します。例は\\myhost\share1\restoreに書き戻す場合です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ  »  samba  »  Windowsフォルダをリモート越しにバックアップ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.omakase.org/mt/mt-tb.cgi/62

コメントする

カテゴリsambaの記事一覧