PC-UNIXに関する記事など

sambaが起動しない件 Abort trap: 6

現在FreeBSD8.0RCでテスト環境を利用しているのですが突然japanese/samba3 がAbortするようになってしまいました。ログにも何も書かれて無いしsmbd -d してもAbortするだけで原因不明のエラーです

Abort trap: 6
# /usr/local/sbin/smbd  
Abort trap: 6
# /usr/local/sbin/nmbd 
Abort trap: 6

そこで日本語以外のsambaやsamba33などをinstallしてはみたものの結果は皆同じでした。 abortする直前にやった事と言えばkernelをrebuildしたぐらいだしなぁ。 kernelとsambaって関係ないよなと思い込みしていてほっておいたんですね。

で、今日なにげにwebを徘徊してたら見つけました。

http://forums.freebsd.org/showthread.php?t=7495

http://security.freebsd.org/advisori...9:14.devfs.asc
http://security.freebsd.org/advisori...09:05.null.asc

While extremely rare, certain applications may rely on mapping memory
at address 0. Careful testing is advised when enabling this feature
when using virtual machines, emulation technologies, and older a.out
format binaries.

The feature is disabled by default in FreeBSD 7 and lower, and must be
enabled by setting the sysctl(8) variable security.bsd.map_at_zero to
0. In FreeBSD 8 and later feature is enabled by default.

Perhaps,
sysctl security.bsd.map_at_zero="1"

security.bsd.map_at_zero を1にするだけで何事も無かったかのようにsambaが動きました。

kernelをrebuildした際にGENERIC kernelでなくなったので変わってしまったようです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ  »  samba  »  sambaが起動しない件 Abort trap: 6

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.omakase.org/mt/mt-tb.cgi/23

コメントする

カテゴリsambaの記事一覧