PC-UNIXに関する記事など

キーフリーシステムの電子カードキーの電池交換

はじめに

自分の乗っているお買い物専用車両 ダイハツ・ムーブを新車で買ってもうすぐ3年経つのですがキーフリーシステムでドアのロックが外れないことが多くなった。
気温の低く寒い日に起こる現象なので電子カードキーの電池が消耗してるためなのかと思い内蔵電池を交換しようと思います。

電子カードキー

一般的にはダイハツのディーラーへ持っていき代金を払って交換してもらうようですがこのときのお金が4,000〜5,000円かかると聞きました。さすがに電池変えるだけで数千円も支払うのは馬鹿馬鹿しいので電池を自分で買ってきて交換してみます。
内蔵電池の品番がわからないのでまず電子カードキーを分解して利用している電池を調べます。

今回電池交換する電子カードキー(※以下、カードキー)

カードキーを分解する

①ロックレバーを引きながら②マスターキーを引き抜きます。

マスターキーを引き抜く

ケースを開けます

③レバーを引きながら④ダイハツのマークがある側を矢印方向にスライドさせて引き抜きます。

マスターキーの外蓋を開ける
マスターキーの外蓋を開ける

電池の蓋を外す

⑤電池の蓋を止めているネジが4つ見えます。小さいプラスドライバーで外して下さい。ネジはとても小さいので無くさないように注意しましょう。

電池蓋を開ける

電池を外す

先の細いドライバーを使いで電池を引き出します。
このカードキーに使われている電池の品番が電池に書いてあるでのそれと同じ物を買ってきて下さい。
自分のカードキーではCR1632が使われていたので近くのホームセンターで購入しました。
代金198円です。以外に安いですね。

CR1632

電池を交換する

組み立てる

カードキーの電池を付け替えて今までと逆の順番で組み立てて下さい。
注意点は電池の蓋を止めているネジをあまり強い力で締め過ぎないことです。

最後に

簡単に電池交換が自分で出来ることが分かると思います。
これを知らないでデーラーに持って行くと数千円取られることになります。
浮いたお金でお寿司でもいかがですか?


このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ  »  misc  »  キーフリーシステムの電子カードキーの電池交換

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.omakase.org/mt/mt-tb.cgi/117

コメントする

カテゴリmiscの記事一覧