PC-UNIXに関する記事など

GNU Emacs 23.2.1 でエンコーディングをeup-jpで使うとカーソルが変

FreeBSD8.2の環境を作っているのだけどエディターを使うのにemacsを入れたわけですね。

で以前使っていた環境からprofileをコピーして使ったのですがエンコーディングはeuc-jp(どこの変態だよw)で設定されてる訳です。

昔の.bash_profile

LANG=ja_JP.eucJP
LC_ALL=ja_JP.eucJP
LC_MESSAGES=ja_JP.eucJP

この設定のまま新しいemacsをインストールして使うと矢印キーのカーソルの動きが変になるんです。

色々試した結果エンコーディングをutf-8にするとこの変な挙動は起こらないみたいです。

正常な.bash_profile

LANG=ja_JP.UTF-8
LC_ALL=ja_JP.UTF-8
LC_MESSAGES=ja_JP.UTF-8

あとputtyのエンコーディングもutf8にして下さいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ  »  misc  »  GNU Emacs 23.2.1 でエンコーディングをeup-jpで使うとカーソルが変

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.omakase.org/mt/mt-tb.cgi/51

コメント(1)

emacsがEUC-JPでおかしくなる現象の分析とそのパッチは
http://home.jp.freebsd.org/cgi-bin/showmail/FreeBSD-users-jp/93505
http://slashdot.jp/~doda/journal/516198
に有るようです

emacs 23になってからおかしくなったような気がします

日本語は使わないってとか言ってenv LANG=C emacsとかで使ってました(^^;
ターミナル側がおかしいのかと思っていたんで・・・

コメントする

カテゴリmiscの記事一覧