PC-UNIXに関する記事など

Apple Wireless Keyboard (US) MC184LL/B 買いました

windowsからMAC環境に移行して半年ぐらいは経つのですがキーボードは日本語配列のJISキーボードを利用していました。
以前からUS配列のキーボードを使いたいと思っていたのですがwindowsで使っていたキーボードをそのまま使っていましたがこの度念願のUSキーボードを購入する事が出来ました。
USキーボードなので当然日本語は一切書かれていないキーボードでして日本語のそれと比較してとってもシンプルに感じます。
また配列も若干JISキーボードと違うキーがあり最初は慣れるまで苦労するかもしれないですね。

このキーボードはワイヤレス接続なのでUSBケーブルがない為Bluetoothで接続する事になります。

Bluethoothによる接続方法

システム環境設定→Bluetooth→+(新しいデバイスを設定します...)

Bluetooth設定アシスタントが開くので「続ける」→デバイスを登録するためのパスキーを正確に入力する

登録が完了するとキーボードが一覧に表示されます。

USキーボードで日本語入力

USキーボードを使っていてもやはり日本語を打つ必要がありますよね。当たり前なんですがUSキーボードには「かな」キーは存在しませんのでそのままでは日本語入力は出来ません。
そこでKeyRemap4MacBookを使うとcommandキーで日本語入力モードに切り替える事ができます。
KeyRemap4Bookをインストールするとシステム環境設定からKeyRemap4MacBookを開きます。

ForJapaneseからコマンドキーの動作を優先モードにチェックを入れるだけです。

これでスペースキーの左右の隣にあるcommandキーが日本語入力のOn/Offを切り替えることができます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ  »  misc  »  Apple Wireless Keyboard (US) MC184LL/B 買いました

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.omakase.org/mt/mt-tb.cgi/119

コメントする

カテゴリmiscの記事一覧