PC-UNIXに関する記事など

送信メールのバックアップ(smtpサーバの監視)

postfixのメールサーバにおいて送受信される全てのメールの監視やバックアップを行う場合にこの機能が使えます。
main.cf に以下の設定を追加すると、送受信される全てのメールを特定のユーザ(foo@example.com)にBCCで送ることが可能です。

main.cf

always_bcc=foo@example.com

spamassasinやclamavなどの content filter を利用している場合同じ内容のメールが 2通送信されてしまう場合は以下の設定を追加するとよい

master.cf

-o receive_override_options=no_address_mappings

※-o の前にタブが入る


このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ  »  mail  »  送信メールのバックアップ(smtpサーバの監視)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.omakase.org/mt/mt-tb.cgi/98

コメントする

カテゴリmailの記事一覧