PC-UNIXに関する記事など

FreeBSD samba3日本語化の設定 japanese/samba3

1:まずlibiconv がインストールされているか確認する

# pkg_info | grep libiconv

2:インストールされていれば次へ、されていなければ4

3:eucJP-ms が有効になっているかどうか確認する

# iconv -l | grep EUC

4:無い場合パッチを当てるようにmake時にオプションを自動で渡すように修正

/usr/local/etc/pkgtools.conf

  MAKE_ARGS = {
'converters/libiconv' => 'WITHOUT_EXTRA_ENCODINGS=yes WITH_EXTRA_PATCHES=YES',
  }

このようにするとlibiconvをportupgradeした時に常にこのオプション付きでコンパイルされます。

5:libiconvをインストールまたは上書きします。↓は強制上書きの場合です

portupgrade -f libiconv

6:EUC-JP-MS EUCJP-MSが有効になっているか調べます

# iconv -l | grep EUC
EUC-JP EUCJP EXTENDED_UNIX_CODE_PACKED_FORMAT_FOR_JAPANESE CSEUCPKDFMTJAPANESE
EUC-JP-MS EUCJP-MS EUCJP-OPEN EUCJP-WIN
CN-GB EUC-CN EUCCN GB2312 CSGB2312
EUC-TW EUCTW CSEUCTW
EUC-KR EUCKR ISO-IR-149 KOREAN KSC_5601 KS_C_5601-1987 KS_C_5601-1989 CSEUCKR CSKSC56011987

上手く行けばこのように↑ EUC-JP-MS EUCJP-MS が出てきます。

あとは普通に # portinstall japanese/samba3 します。

smb.confの日本語コード設定例

dos charset = CP932
unix charset = EUCJP-MS
display charset = EUCJP-MS

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ  »  FreeBSD  »  FreeBSD samba3日本語化の設定 japanese/samba3

カテゴリFreeBSDの記事一覧