PC-UNIXに関する記事など

FreeBSDにおけるブートマネージャのインストール

FreeBSDをインストールした際にブートマネージャをインストールし忘れたりブートマネージャが壊れてしまってOSを起動できなくなることがある。
この場合はブートマネージャのみをインストールし直せば良い。

FreeBSDのインストールディスクかインストール用フロッピーからシステムを起動後 sysinstall をメニューから[Configure] -> [Fdisk]を選ぶ。
ブートマネージャをインストールするディスクを Fdisk するように選んでから「w」キーを押して書き込みを行う。
警告メッセージが表示されるので「Yes」を選んで「Enter」を押します。
次にブートローダーに関するメニューが表示されるので「BootMgr」を選択してインストールすれば良い。


このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ  »  FreeBSD  »  FreeBSDにおけるブートマネージャのインストール

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.omakase.org/mt/mt-tb.cgi/77

コメントする

カテゴリFreeBSDの記事一覧